爪を噛む癖について

爪を噛む癖について

爪を噛んでしまう理由や対策方法、爪噛みのデメリットなどを掲載しています。自分で爪噛み癖を治す方法も詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてくだい。

爪を噛む理由と対策方法まとめ

爪を噛んでしまう人には、共通した原因があります。その 原因を解消し、取り除くことで、少しずつ爪噛み癖を改善させていくことが可能です。

爪を噛む主な原因は、「手持ち無沙汰である」、「ストレスや情緒不安定」、「咬爪症(こうそうしょう)の可能性がある」の3点です。

この原因を解消するには、周囲に協力してもらう、対策グッズを用いるなどの方法があります。

以下では、爪を噛んでしまう原因とその解消法をご紹介しています。今日から始められる噛み癖対策を掲載していますので、ぜひ実践してみてください。

爪を噛むことで病気になる?放置で死亡した事例も

指先には菌が付着しているため、それを口に含んで病気になることがあります。また、爪を噛みすぎて皮膚からばい菌が入り、病気を発症したり、死亡する場合もあるようです。

爪への影響
  • 化膿性爪囲炎
  • 巻き爪
  • 爪の変形
心身への影響
  • 感染症
  • 自傷行為

以下では爪噛みが引き起こす爪の病気や、体の病気を詳しくご紹介しています。

爪噛み癖で病院に行く前にできること

爪噛み癖は、心因性・ストレス性の場合が多いため、基本的に心療内科で治療をします。しかし、普段からストレスを上手く解消する方法を知っていれば、病院を受診しなくても、自分で噛み癖を緩和することができます。

セルフケアで重要なポイントは、ストレスの原因を知って解消することと、生活習慣を改善することです。

ストレスの解消

ストレスの原因は、物理的・化学的・生物的・精神的ストレッサーの4つがあり、人によって何がストレスになるかは異なるため、自分がどの部分にストレスを感じているのか理解しましょう。

ストレスが溜まると、その状況に対してさらにストレスが生じてしまう悪循環が起こるため、早めに気分転換などして、ストレスを溜めないようにするのが重要です。

生活習慣を改善する

心療内科でも治療に取り入れている、主な生活習慣の改善は、良質な睡眠をとる、適度な運動をする、湯船につかる、バランスの良い食事をとる、などです。

病院を受診しなくても、意識すれば実践できることばかりですね。

以下では、噛み癖を治すための心療内科での治療内容や費用、自分でできる爪噛み癖のケアを詳しくご紹介しています。爪噛み癖で病院を考えている方は、まずこちらをご覧ください。