爪のケア方法

爪のケア方法

爪のケア方法や必要な栄養素、爪トラブルの原因など詳しく掲載しています。健康で綺麗な爪を目指している方や、ボロボロ爪にお悩みの方には必見の情報をお届けします。

その爪トラブルは栄養不足が原因かも?

乾燥してボロボロになってしまった爪や、2枚爪、割れなど、多くの爪トラブルには栄養不足が関係しているようです。反対に、爪に起こる症状から、身体に不足している栄養素を知ることもできます。

例えば、爪が出す栄養不足のサインは、爪が薄いことや、縦筋があるなどが挙げられます。こういったサインを見つけたら、爪に良い鉄分やビタミン群、コラーゲン、シリカなどの栄養素を摂ることが大切です。

その中でも、特に爪にいいのが、細胞の成長や再生をうながすシリカという成分です。爪の成分は、主にケラチンやコラーゲンで構成されていますが、シリカはこれらの働きを強化する効果があるのです。

以下では、症状別に見た爪の栄養不足サインや、美爪に必要な栄養素をご紹介しています。

ネイルケアの方法は?ボロボロ爪に外側からアプローチ

爪が乾燥すると、表面が凸凹になったり、縦線ができる、艶が失われるなどの爪トラブルを引き起こします。そのため、ネイルケアを外側から行う際には、乾燥を防ぎ、保湿をすることが重要です。

乾燥が爪に与える影響

  • 爪の表面がデコボコになる
  • 艶が失われる
  • ボロボロになる
  • ささくれができる
  • 爪が硬くなる
  • 縦線ができる

爪を乾燥させる原因は、衛生用品の使用や紫外線、リムーバーの使用など、意外なものです。こういった原因で傷ついてしまった爪は、クリームや美容液などのネイルケア用品で整えることが大切ですが、それぞれ特徴や、効果的な使い方が異なります。

以下では、爪が乾燥する原因や、ネイルケア用品を使った外側からのアプローチ方法をご紹介しています。

爪を早く伸ばすためにできること

爪は1日0.1mm、つまり月に3mmのペースで伸びると言われていますが、爪を早く伸ばす方法もあります。新しい綺麗な爪が生えてくるためには、マッサージや栄養摂取、代謝を上げることが効果的です。

爪が伸びる仕組み

爪は、細胞が次々に生まれ変わる「新陳代謝」という働きによって、日々新しいものが生えてきています。新しい細胞は爪母基(そうぼき)という爪の根元部分で作られ、これらが古い爪を指先に押し出していくことで、爪が伸びる仕組みになっています。

以下では、爪の伸び方や、爪を早く伸ばす方法をご紹介しています。